プロフィール

専門学校卒業後、地元のスポーツジムで数年間働いた。

最初は運動している人たちに関われる仕事ができたらいっかーくらいに漠然としか考えていなかったのだが、実際に働いてみて感じることがあった。

●トレーニングをしている方の半分以上が自分の両親と同じくらいの方が多い

●それ以上の年齢で更になにかしら身体に痛みがあったり疾患を患っていたりする方も多い

年齢が上がるにつれ、肩こりや腰痛持ちの方がこんなに多いのかとびっくりした。

同時に、

●痛みが出ない身体はどうやって作っていくのか?

●良くするにはどうアプローチしていくのだろう?

ということに興味が出てきた。

いろいろな目的の人と話す機会があったが、中でも上記のような身体作りをして健康な人を増やしたいと気持ちが固まり上京を決意。

これらの興味と、もっと一人の人を徹底的に見て身体を変化させるトレーナーになりたいと思い、いざ東京へ。

【東京での壁】


思い高く向かったはいいものの、最初に働いたトレーニングジムはすぐに辞める・・・。

現実は思ったほど甘くはなく、やりたいことができず毎日が過ぎていくことや頼れる先輩がいなかったことなど、風当たりを強く感じ、心が折れた・・・。

忍耐力もなく、すぐに逃げだしたくなる自分にはトレーナー業は向いていないと思い、全く別の業界で事務職として働き始める。

違う業界で再スタート!

休日は満喫しよう!

と心を入れ替えた。

最初は全く知らない業界・業種で新鮮だなぁと思い、思っていたよりも楽しく仕事ができた。

慣れてくると毎日がルーティン作業のようで、同じことの繰り返しが辛かった。

前の仕事とは当たり前だが全然違い、お客さんと話したり笑ったりということがなく、いつも同じ場所でPCを見ながらの作業がいつしか辛くなってきていた。

金銭的に余裕が出てきても、心も満たされず、休日以外は毎日が退屈だった。


休日は楽しく過ごしていたのだが、友人や知り合いがいない土地だったので、休日も誰にも会わない時があり、孤独感を感じることも・・・。

(上記写真は楽しんでいる休日(笑))

自分がやりたいことができていない日常に退屈していた。

何をしに東京まで出てきたのだろう・・・

とか、

専門学校まで行かせてもらったのに何しているのだろう・・・

という考えが頭の中を巡っていた。

また、上京時の思いもチラチラ頭をかすめていた。

私はやっぱりスポーツ業界で仕事したいんだなぁと未練たらたらで、気付けばスポーツ業界の求人情報をちょこちょこチェックするようになっていた・・・。

【今の原点になる場所との出会い】


求人をチェックしていても、すぐには行動に移せず、時間だけが過ぎていく。

当時の職場にも肩こりや腰痛の方が多くいて、やっぱり身体の不調がある人が多いんだなぁと思った。

同時に、上京した時の気持ちが徐々に再燃していき、

”私は健康でいたい方のお手伝いをしたい!!”

と、上京時の気持ちを再確認。

それからは、日に日にスポーツ業界で働きたいという気持ちが強くなる。

いろいろなジムのホームページや求人情報を調べ探し始めて3、4か月経った頃に、

「ここで働いてみたい!」

と思う場所を見つける。

その場所は、ストレッチがメインのお店だった。

現在の自分の仕事の軸となる場所である。

ボディビルダーみたいにムキムキにすることが目的ではなく、自重エクササイズとストレッチで身体の機能を回復、向上させることが目的の店だった。

最初に働いたジムでみていた方々と近しい人が利用されることや、自分の興味がある分野もその方向で被っていたため、即決!!

しかし、その職場はアルバイトでしか雇っていなかった・・・。

それでも、その店のオーナー、スタッフとだったら楽しく働けそうだと考え、事務職を辞め、アルバイトを決意。

無事、採用してもらえることになり、ここからスポーツ業界に出戻り、再スタートをきった。

事務職を辞める時に、普段特に褒めたりしてくれなかった上司に「よく頑張ってたね」と本音か分からないが(笑)、声を頂けたことはとても嬉しかった。

【やっぱりこの業界はオモシロイ!】


そのお店ではオーナー、先輩トレーナーから技術はもちろん、接客の仕方などたくさんのことを教わった。

また、お客様もゴルフをされる方や大企業の方などいろいろな方がおられ、今まで聞いたことのない話をたくさん聞くことができ、自分の知らない世界が覗けるような気がしてとても楽しかった。

今までの自分には関係ないと思っていた分野のお話がとてもおもしろく感じ、いろいろな話題に興味が湧くようになった。

今でも関わったことのない分野へのアンテナはまだまだ低いと思うが、ここで働いてからは少しアンテナも成長していると思う(笑)

相手がいるからこそ知れた世界があると思うと、この仕事をできて本当に良かったと思う。


(上記写真はお客さんとスタッフと♪)

ジムとは違い、1人に対し時間を使うので、会話内容も濃く、お互いの信頼関係ができていくのが嬉しいし、そのお客さんとの時間がとても楽しく感じられた。

【生活難民】

ただ、アルバイトの身だったので生活自体は苦しく、別のアルバイトも掛け持ちしていた。

なかなかこのお店1本ではやっていけなかった・・・。

なので、この頃はほとんど休みがなく毎日アルバイトに行っていた。

月に1~2回休みがあるかどうかの生活だったが、幸い周りの人に恵まれ、毎日が充実していたと思う。

事務職の頃は何度か風邪で体調を崩していたが、この忙しい頃はなぜかとても元気だった(笑)

【地元に戻る】

そんな中、富山にあるストレッチ専門店が関東にも出店するとのこと。

(私は諸事情で富山に戻ろうと考えていた時だった)

少し気になったので、連絡を取り話を伺うことに。

とんとん拍子で話が進み、富山に戻るまでの数ヶ月間、関東のお店のオープニングスタッフとして働くことになった。

なので関東生活残りの3、4ヶ月は前からしていたストレッチ・トレーニングジムとストレッチ専門店で二足のワラジ状態が続いた。

どちらの店も内容は似ているようで違ったのでいろいろな方向から刺激を受けることができた。

【まさかの独立!?】


富山に戻ってからは、同系列のストレッチ専門店で正社員として働いた。

しばらく経った頃、会社の改革で、お店存続の危機を迎える。

どうしていくのかを社長と相談。

他にも人を雇うとかいろいろな案があったけれど、1人で営業していくことを決意。

最初は、経営の“け”の字も知らない私ができるわけがない!

1人で店を経営していくなんて考えられない!

とかネガティブなことばかり考えていた。

実際、1人で働くとか考えたことなかった。

どこかで安定のある生活を望んでいたのかもしれない・・・。

不安なことを社長に伝えると、「自分で営業していくのは楽しいよ!」と返答を頂けたので、

もしかしたら自分にも可能性あるかも・・・?と、単純な私は決断。

もちろん、家族や友人にも当時はすごく助けてもらってとても感謝している。

大きな決断でだいぶ悩んでいたが、周りの皆が背中を押してくれた。

また、私の土台がストレッチ・トレーニングジム時代のものであって、ストレッチ専門店で行っていたこととやりたいことがかみ合わなかった。

私はお客様自身に動いて頂くことも必要であり、能動的に動くことが身体に良いということも知ってほしいと思っている。

【地元の健康作りを応援したい】


自分が思っていることを行動に移し、来て下さる方をより健康にしていきたい!と強く思うようになったことも今の店を始めようと思ったきっかけです。

ストレッチ・トレーニングジムでオーナーに出会っていなければ、今の私はいないと思います。

それだけ人生に良い影響を与えて下さった恩師です。

振り返ってみると、いつも周りの方のご縁に恵まれているなと感じています。

だからこんな甘えた人間に育ったのかもしれません(笑)

それでも、

●健康な人の多い土地にしていきたい!
●もっと人生が楽しくなるお手伝いをしたい!

という気持ちにウソはありません!!

自分が生まれ育った土地、富山で地域の皆様を元気にしていきたい!

医療費のかからない健康でいられる身体づくりをしたい!

という思いを込めて、トレーナーとして皆様のお役に立てたらと思っています。

どうぞ宜しくお願い致します!!
******************************************

【電話でのお問い合わせ】

電話番号
※スマホの方は上記電話番号タップでお電話できます

【メールでのお問い合わせ】

(確認が遅くなることがございますので、時間に余裕を持ってのご連絡をお願い致します。)

【LINEでのお問い合わせ】

LINEでのご予約もお受けできます♪
もちろん個別メッセージになっています(^^)/
(確認が遅くなることがございますので、時間に余裕を持ってのご連絡をお願い致します。)

下記ボタンより友達登録宜しくお願い致します(^^♪
QRコードでも登録可能!!

友だち追加
******************************************