BLOG

【ストレッチは身体が硬い人でも可能です】

富山県魚津市のジムなら当店!パーソナルトレーニング・ストレッチ専門店の森内です(^^)/

元々硬いから、ストレッチしたところで・・・
なんて思わないでください!

元々硬くても、身体の変化を出すことは可能です(#^^#)

  ストレッチはなぜ必要なのか

そもそも、ストレッチをする意味とは!!
現在の身体の可動域が全てだと思っていませんか??

・・・実際は、ほとんどの方がもっと身体を動かすことが可能です。(当店調べ)
今は腕があげにくくても、ストレッチや簡単トレーニングを取り入れることで今以上の動きを出すことが可能です!

ストレッチは運動になるので、ストレッチを行う習慣を作ることで、身体が軽く感じたり疲れにくい身体を作ることができます(^^)/

  最初は硬くても継続することで変化が!!

普段はめいっぱい腕や足をあげるなんてことはしないと思います。
そういう状態が続くと、段々身体もこれ以上動かなくてもいいのか・・・と可動域が狭まってしまいます。

そうなって硬くなってしまった筋肉を柔軟に戻すときは、小さいまま動かすのではなく、徐々に動きを大きくしていかないといけません!

最初の硬さ(スタートライン)は違っても、ストレッチを行うことで、最初は動かしにくいなと感じた部分が段々ほぐれてくることで、同じ動きをしていても以前より楽に感じたり動かせる範囲が広がっていることが感じられると思います。

  ストレッチを行うのに身体の硬さは関係ない

人によって身体の硬さはバラバラです。
誰が見ても硬い・・・って人もいれば、自分の中で昔に比べて硬くなったなぁと思う方など。

そのように、自分の身体硬いかも・・・と思っている人こそストレッチはおすすめです。

ストレッチの目的の一つは、身体の可動域を広げること。

あぐらがかけない・・・
思うように前屈ができない・・・
肩があがらない・・・
などなど。

硬くなった筋肉を緩めるには、ストレッチが最適です!!

年齢や性別が関係ないのと一緒で、身体の硬さも関係ありません!
硬い部分は時間がかかるかもしれませんが、やらないままだと今以上の柔軟性は出にくいです・・・。

人と比べるものではないので、自分の中でどれだけ動くようになったのかに目を向けて行うといいかなと思います(^^)/

  最後

身体が硬いからこそ!!ストレッチや簡単トレーニングを取り入れ、今よりもずっと楽な身体に!!
感じていた身体の辛さが楽になるかも!!!(^^)/

日々のコンディションを整え、身体のバランスをうまく保っていきませんか(^^♪

Re:Bodyのコト→初回セッションで93%の方が変化を実感するヒミツ

【電話でのお問い合わせ】

電話番号
※スマホの方は上記電話番号タップでお電話できます

【メールでのお問い合わせ】

(確認が遅くなることがございますので、時間に余裕を持ってのご連絡をお願い致します。)

【LINEでのお問い合わせ】

LINEでのご予約もお受けできます♪
もちろん個別メッセージになっています(^^)/
(確認が遅くなることがございますので、時間に余裕を持ってのご連絡をお願い致します。)

下記ボタンより友達登録宜しくお願い致します(^^♪
QRコードでも登録可能!!

友だち追加

**********************************

【火曜日新規会員様募集中】

火曜日の13時~18時の間で新規会員様募集中です(^^)/
ご興味のある方はぜひお問い合わせ(←クリックでお問い合わせページへ!)くださいませ!

【日曜日はありがたいことに多数ご予約を頂いているため、新規のご予約をお受けすることが難しいです。】

ご希望の方はキャンセル待ちになります。
ご了承くださいませ。

**********************************
※変更・キャンセルは前日(23時59分)までのご連絡をお願い致します!!
それ以降はキャンセルとなり、キャンセル料(1回分)が発生致します!!
(当日時間変更は受付可)

**********************************
Re:Body 魚津店
富山県魚津市青島76‐3 センティアインドアテニススクール2F
(辻わくわくランド様向かい)
※駐車場はテニススクールと兼用ですのでお店の前・後ろの駐車場をご利用くださいませ。
TEL 0765-32-3206
mail rebody.uozu@gmail.com
火~金 10:00 ~ 21:00
土 10:00 ~ 19:00
日 10:00 ~ 17:00
月・祝 定休
**********************************

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。